のぼり旗について述べる

のぼり旗とは、お店の前などに宣伝のために掲げられている細長い旗のことです。通りを行く人の目に留まりやすいように、あまり細かい文字は使わず、大きなはっきりとした文字で売りだしたいものや、大きく宣伝したい事柄を印刷してあります。派手な色を使っているものが多く、視界にはいっただけで注意が向けられてしまうような、そのようなデザインのものが多くなっています。
専門に取り扱い、制作している会社があり、そのような会社に発注することで制作することができます。スーパーマーケットなどの場合は、いくつかの種類のものをあらかじめ作っておき、曜日や日にちなどによってその日にかかげる旗を変えたりしています。毎回作り直せるほど安価なものではないので、いくつかにしぼって制作するしかないのです。しかし、ある程度のお金をかけるだけの宣伝効果を期待できるものなので、多くのお店で使われている宣伝方法なのであります。
設置の方法は、一般的には旗の根本部分を、水や石などの重りを入れた専用の土台に差し込むようになています。完全に固定されている設置方法であるとはいえないので、風が強い日などには、撤収されることが多くなっています。また、あまりにも雨にあたりすぎると、いくら雨に強い素材ではあっても、傷みの速度が速くなるので、雨がひどいときにはしまってしまうことが多いです。なるべく長持ちさせるためには、以上のような手段をとることが望ましいとされています。
のぼり旗のデザインで大切なところは、いかに目立たせるか、また一目見ただけで内容をわかるようにするかというところです。道を行く人たちは、そのものをじっくりと見るわけではないので、まずは色や大きさで人の目の注意をひき、その次に一瞬見ただけで通行人に宣伝したい内容を伝えなくてはならないのです。そのためには人の目につきやすいような派手で明るい色の旗を使用し、文字数を減らして、一文字一文字を大きくする必要があるのです。書体も、ブロック体などのはっきりとして誰でも読みやすいものを使うとよいでしょう。無駄な情報をいれずに、一番伝えたいこと、一番通行人の興味をひくような言葉を選ぶこともポイントです。
のぼり旗を見て、そのお店がセールをやっていることを知り、そのお店を利用したという経験を持つ人は多くいます。その宣伝効果は本物で、制作して店の前に掲げるだけという簡単な宣伝道具なので、とても人気のあるものなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*