特殊なのぼりも発注できる

食事の好みについて甘い方が好きな人々や辛い方が好みの人々など、違いがあります。視覚も同じくいくらいいのぼりだと感じて立てていても嫌いな人たちにとってはたまらなくイヤなものです。だからと言ってのぼりを置くなとも言う事は出来ません。感性とは難しいものです。
寺社の縁日には長さ180cmから910cm程の高いのぼりが登場し、祭りが近いことを地元の人々に教え、神社名以外にも鎮守御祭禮、神徳遍萬里といった文句が書かれ、寺院なら南無大師遍照金剛、といった文言が独特の書体で書かれ、祈世界平和など単純でわかりやすいのぼりもみられ、ふるさとのシンボルです。

例えばパステルで上品で女の子にかわいいと思われるのぼりだったら集客力も上がるだろう、あるいは、ピカピカ系をちりばめてキッチュに決めれば注目されるとの考えもあっても、どちらも色があっという間に落ちてしまうのです。ですから、のぼりに使われる色はきつめのカラーとされています。
こいのぼりが掲げられるのは5月5日です。江戸時代の武士達がその日にこぞって鎧兜を飾って祝いました。対して、当時の庶民はこいのぼりを考え出したとの事です。この儀式と同じくして、3月3日は女子の行事として桃の節句があり、お雛様などを置いてお祝いをします。
のぼりとは、おおかたが宣伝なので、占いで言う置く方角は関係ありません。重要なのは客が店に入りたくなる印象付けです。これにはのぼり間のスペース配分など、いろいろな技術が必要です。漠然と飾れば人が来る、そんな考えではなく、集客手段を学ぶ必要が大切です。

のぼりの先祖とされる布地を使用した旗が日本に来たのは3世紀。当初の旗の使い方は色々で王の像をかたどったり、信号を伝える物として使われたりあるいはのぼりと同様、戦争の場面で敵軍、自兵を認識できるためのアイテムとしてなど、いろいろな使われ方があったようです。
交通安全むけののぼりを見ていてあることに気が付きました。それは色目です。目にとまりやすいのは当然ですが、赤、黄系、青の三色を多用しているのぼりがとてもたくさんあるのです。当然、この色は信号機です。きっと、無意識のうちに信号をイメージし交通安全につなげるように導いているのでしょう。
神社に飾られているのぼりは通常、特殊な字体が使われています。従って、パソコンで書くことはまず出来ないため、一つ一つ専門の職人が手作りします。その作業は実に細かく複雑であるため、どうしても価格はかなり高額です。しかし、質の良い作業のため、耐用年数もとても長期にわたるのが大きな長所です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*