道路で見かけるのぼり旗

爽やかに国技館入口や巡業で雰囲気を高める大相撲ののぼりは、明治の終わりに国技館の開館とともに一時使われなくなりましたが、昭和20年代に復活し、現在も相撲の魅力をふくらませており、最高位の力士や人気力士はもとより、立ち行司、立ち呼出、力士の髪床、相撲部屋名ののぼりも出ており、支える人への配慮はすがすがしい気分を感じさせます。
一定の曜日や日にちに特売や値引きを仕掛けるスーパーの店先で「本日売り出し」「カード会員デー」と印刷されたのぼりが出ると、この機会を活かすべく行かなくてはのような焦りに駆られ、折込広告と一緒に成果を産み、店先が賑わった感じになることで来店時の納得感も高まります。

多くの入場者が訪れる展示会においては、のぼりは絶対に必需品となります。のぼりを使うかどうかで来るお客さんの数には相当な違いが出てくることになるとされていて、なるべく派手なものを用意することも展示会では相当大事なことなのです。
一般的なのぼりのサイズは180センチ前後ですが、3メートル以上の巨大なのぼりも作られています。この手ののぼりはビッグのぼりとも言われ通常ののぼりの2倍程度の寸法ですから非常に目立ちます。しかし、とても大きいので強風の時などは倒れる危険性があるので注意が必要です。
標準的な戦乱の時代の大将ののぼり旗は高さ約3m60cm、横前後くらいあり、竿には漆の樫の木や長い竹が使用され、逆L字型にして布製の筒で留め、無風状態でもしぼまず、風に煽られても影響を受けにくい工夫がなされたもので、布は織り布を使ったようであり、あとは四半といわれる縦横3対2ののぼりも使用されました。

駐車場に立てるのぼり旗は幅60cm長さ180cmがよく使われる寸法で、設置場所が狭いなら45cm×180cmが適当で、大きくアピールしたい場面には1.5m×4mが用意されており、他にも色々なサイズが作らていますが、ポールが3mくらいであることが多いので、大きめの男性と同じくらいの高さが使いやすく感じられます。
のぼりのデザインを考える場合、派手目がいいと思ってごたごたと沢山の色を使うのは間違いです。わけても似たような色を使用するともともとののぼりの図案がぼけてわかりづらくなってしまいます。極力シンプルな色目で相手の注意を引くことがのぼりの図柄作成の第一歩です。
平安時代の頃ののぼりには部隊の紋程度しか描かれていませんでしたが、近来ののぼりは種々の場所で使われるため、絵柄もとても豊かです。スーパーなどの大売出しののぼりや相撲ののぼり、あるいはデモの人々が掲げる物など、どれも見る人にインパクトを伝える工夫がなされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*